東レPPO 2010年大会にエントリーしたプレイヤー・プロフィール[テニス]


− ソニー・エリクソンWTAツアー −
東レ パン・パシフィック・オープンテニストーナメント

■開催期間
9/24(金)〜25(土)[クオリファイトーナメント]
9/26(日)〜10/2(土)[決勝トーナメント]

■会場
有明コロシアム、有明テニスの森公園コート(東京都)

チケット申込




セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)(1位)
サービスエースは2009年のNo.1

男子顔負けのパワーテニスで女子テニス界を席巻。グランドスラムタイトル数11は現役最多。
圧倒的な存在感を示すセリーナは、サービスエースの数でも2009年シーズン女子No.1の記録が示すように、ずば抜けた攻撃力でどんな相手に対しても主導権を先に握ることができる。
柔らかなバネ、高い運動能力と抜群の反射神経、恵まれた身体能力を存分に生かし、打ち込まれてフォームを崩されても、素早い切り返しでラインぎりぎりにスーパーショットを決める。ファンの期待通りにエースを奪う勝負強さは見事。バネの利いた強靭なボディバランスと巧みなラケットワークに注目。

【プロフィール】
国籍:アメリカ
1981年9月26日生(28才)
身長/体重:175cm/68kg
プロデビュー:1995年(14才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス50勝12敗(勝率75%)
ダブルス24勝2敗(勝率92%)
タイトルシングルス3(全豪オープン、ウィンブルドン、チャンピオンシップス)
ダブルス4(全豪オープン、ウィンブルドン、スタンフォード、全米オープン)
GS戦績全豪オープン優勝
全仏オープンベスト8
ウィンブルドン優勝
全米オープンベスト4

【東レPPOテニスでの戦績】
出場なし




ディナラ・サフィナ(Dinara Safina)(2位)
自己最高ランク:1位

2010年こそ念願のグランドスラムを奪取

2009年シーズンの大半を世界No.1として過ごしたサフィナ。コートサーフェスを選ばず、強打でエースを量産するパワープレーが持ち味。大事な場面でサーブの安定性を欠くなど、メンタル面に課題はあるものの、ボールをしっかり引き付け、高い打点から鋭く打ち込むグランドストロークは、フォア、バックともに威力抜群で、ノータッチエースの山を築く。恵まれた身体をいっぱいに使って打ち込むサーブに自信が戻れば、ショットの威力も相乗効果で増していく。2010年シーズンに再び女王の座に返り咲くためにも、念願のグランドスラムタイトルを是が非でも狙いにいくだろう。

【プロフィール】
国籍:ロシア
1986年4月27日生(23才)
身長/体重:182cm/70kg
プロデビュー:2000年(14才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス55勝16敗(勝率77%)
ダブルス5勝1敗
タイトルシングルス3(ローマ、マドリッド、ポルトロス)
ダブルス0
GS戦績全豪オープン準優勝
全仏オープン準優勝
ウィンブルドンベスト4
全米オープン3回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
2008・優勝、2009・2回戦




スベトラーナ・クズネツォワ(Svetlana Kuznetsova)(3位)
自己最高ランク:2位

2009年、セリーナを破り全仏オープンのチャンピオン

バネのある弾むような動きには無駄がなく、軽快なプレーが持ち味。典型的なアスリートプレーヤーであり、長いラリーも苦にせず、ミスも少なく、選手として理想的なプレーを見せてくれる。
コースを突くサーブと、ベースライン際に深く打ち込む、重くキレのあるショットで相手の攻撃を封じ、疲れを知らないフットワークで自分のテニスを粘り強く貫く。全仏オープンではセリーナやサフィナら
トップ選手を撃破し、2004年の全米以来となるGSタイトルを獲得。サーフェスや対戦相手に苦手意識のないクズネツォワ。念願の世界No.1に2010年こそは手が届くか。

【プロフィール】
国籍:ロシア
生年月日:1985年6月27日生(24才)
身長/体重:174cm/73kg
プロデビュー:2000年(15才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス43勝16敗(勝率73%)
ダブルス11勝6敗
タイトルシングルス3(シュツットガルト、全仏オープン、北京)
ダブルス1(マイアミ)
GS戦績全豪オープンベスト8
全仏オープン優勝
ウィンブルドン3回戦
全米オープンベスト16

【東レPPOテニスでの戦績】
2005・ベスト4、2008・準優勝、2009・2回戦(シード)




キャロライン・ウォズニアッキ(Caroline Wozniacki)(4位)
自己最高ランク:4位

ヒンギスを尊敬する19才の美少女

マルチナ・ヒンギスのプレースタイルを尊敬していると語るウォズニアッキ。常に攻撃的でありながら、コートカバー力にも長けている。どんなにサイドにふられ、ドロップショットをネット際に落とされても決して諦めず、また追いつくだけでなく、鮮やかに相手の脇を抜き去る。驚異的なフットワークでボールへの執念を見せる彼女の、一球に対する集中力の高さはプレーヤーの中でも群を抜いている。
ツアー最終戦の2回戦、勝利まであと2ポイントの場面で両足ケイレンに襲われ、激しく転倒。途中棄権もやむなしと思われたが、棄権を拒み、痛む足を庇うこともせず泣きながらコートを駆け回り、ポイントを奪取。試合に勝利し、コートで号泣したシーンも記憶に新しい。
ビクトリア・アザレンカと次代の女王を争うウォズニアッキ。愛らしい容貌で日本でも人気急上昇中である。

【プロフィール】
国籍:デンマーク
生年月日:1990年7月11日生(19才)
身長/体重:177cm/58kg
プロデビュー:2005年(15才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス67勝24敗(74%)
ダブルス11勝12敗
タイトルシングルス3(フロリダ、イーストボーン、ニューヘブン)
ダブルス1(メンフィス)
GS戦績全豪オープン3回戦
全仏オープン3回戦
ウィンブルドンベスト16
全米オープン準優勝

【東レPPOテニスでの戦績】
2008・1回戦、2009・2回戦(シード)




エレーナ・デメンティエワ(Elena Dementieva)(5位)
自己最高ランク:3位

フェアプレー精神に溢れているが、コートでは超攻撃的

トッププレーヤーの中でも抜群の安定感を誇るデメンティエワ。10年間、トップ20の座をキープし続けているだけでなく、常にプレーを進化させ、世界No.1をうかがうところまで来ている。
穏やかで控えめな女性であり、フェアプレー精神に溢れ、コートマナーの良さも際立っている彼女だが、コートでは超攻撃的テニスを貫く。試合の展開を読む能力に優れ、ボールに対して常にベストポジションでプレーが出来る上手さと、ボールの真っ芯を引っぱたき、相手のライン際めがけて叩きつけるフォアの迫力とバックハンドのダウンザラインは一見の価値がある。世界No.1とグランドスラムタイトル、なんとしても手に入れたい2つの称号に、届きそうで届かないもどかしさを、2010年は吹き飛ばせるか。

【プロフィール】
国籍:ロシア
1981年10月15日生(28才)
身長/体重:180cm/64kg
プロデビュー:1998年(16才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス55勝18敗(勝率75%)
ダブルス2勝1敗
タイトルシングルス3(オークランド、シドニー、トロント)
ダブルス0
GS戦績全豪オープンベスト4
全仏オープン3回戦
ウィンブルドンベスト4
全米オープン2回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
2002・2回戦、2003・ベスト8、2004・2回戦(シード)、2005・ベスト8
2006・優勝、2007・ベスト4、2008・ベスト8、2009・2回戦(シード)




ビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)(7位)
自己最高ランク:6位

グラフを思い起こさせるフォアの逆クロス

キャロライン・ウォズニアッキと次代の女王を争う美貌のプレーヤー。180cmの恵まれた身体と長い手足を伸びやかに使って放つストロークは見応えがある。コート上では闘争心に溢れ、自分のプレーに納得
のいかない時にラケットを何度もコートに叩きつけるシーンは、テニスファンにはお馴染みとなった。
パワーとスピードのあるショットを縦横に繰り出すアザレンカは、ステフィ・グラフのプレーに憧れていると話すように、グラフを髣髴とさせるフォアの逆クロスはとりわけ破壊力十分。キャロラインとどちらが先にグランドスラムを制するか、2010年シーズンの見どころの一つでもある。

【プロフィール】
国籍:ベラルーシ
1989年7月31日生(20才)
身長/体重:180cm/60kg
プロデビュー:2003年(14才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス45勝15敗(勝率75%)
ダブルス22勝7敗(勝率76%)
タイトルシングルス3(ブリスベン、メンフィス、マイアミ)
ダブルス2(メンフィス、インディアンウェルズ)
GS戦績全豪オープンベスト16
全仏オープンベスト8*ダブルス準優勝
ウィンブルドンベスト8
全米オープン3回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
2009・2回戦(シード)




エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic)(8位)
自己最高ランク:1位

2010年は再び世界No.1とグランドスラム初制覇

ベースラインから素早いショットを左右に打ち分け、相手を振り回しながら、徐々に自分のペースで試合を支配していくヤンコビッチ。ライン際のプレーに強く、追い込まれても粘り強く打ち返し、隙を突いて相手の意表をつくコースへ、巧みにボールをコントロールする。
2008年に念願の世界No.1の座を手に入れたが、グランドスラムタイトルにはいまだ手が届かない。
2009年前半はコンディション作りに失敗し、ランクを落としてしまったが、同じくグランドスラム優勝のないサフィナ、デメンティエワに伍して、熾烈なトップ争いに加わるために、2010年はスタートダッシュを狙っている。

【プロフィール】
国籍:セルビア
1985年2月28日生(24才)
身長/体重:177cm/59kg
プロデビュー:2000年(15才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス46勝19敗(勝率71%)
ダブルス0勝1敗
タイトルシングルス2(マーベラ、シンシナティ)
ダブルス0
GS戦績全豪オープンベスト16
全仏オープンベスト16
ウィンブルドン3回戦
全米オープン2回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
2005・1回戦、2006・1回戦、2007・ベスト8、
2008・ベスト8、2009・準優勝




ベラ・ズボナレワ(Vera Zvonareva)(9位)
自己最高ランク:5位

年間を通してトップ10内をキープ

スピード感溢れるテンポのよいプレーで安定した戦績を誇るズボナレワ。どんなサーフェスでも、ボールに対して正確なポジションに入り、早いラケットワークで相手を左右に振り回す、典型的なベースラインプレーヤー。ボールコントロールの上手さだけでなく、試合展開に応じて、様々なショットを使い分ける上手さは必見。
2009年はケガに苦しみながらも、一度もトップ10から外れることなくシーズンを終えることができた。
2010年シーズンは、高さとスピードのあるプレーヤーをいかに攻略するか、が課題。
ウィリアムズ姉妹や、シャラポワ、サフィナなどの上背のあるパワーヒッターとの対戦では力負けする場面が見られる。先に主導権を握るための、サーブ力アップが上位進出への鍵となる。

【プロフィール】
国籍:ロシア
1984年9月7日生(25才)
身長/体重:172cm/59.1kg
プロデビュー:2000年(14才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス33勝14敗(勝率70%)
ダブルス8勝4敗(勝率67%)
タイトルシングルス2(パタヤ、インディアンウェルズ)
ダブルス1(インディアンウェルズ)
GS戦績全豪オープンベスト4
全仏オープン
ウィンブルドン3回戦
全米オープンベスト16

【東レPPOテニスでの戦績】
2007・1回戦、2009・2回戦(シード)




アグニエシュカ・ラドワンスカ(10位)
自己最高ランク:9位

ライバルでもあるウォズニアッキ、アザレンカのお姉さん的存在

2009年はタイトルこそ取れなかったものの、準優勝1回、ベスト4が2回、ベスト8が9回と安定した成績を残している。フォアの強打が持ち味だが、パワーヒッター全盛時にあって、パワーのみに頼るのではなく、多彩なショットで冷静かつ頭脳的なプレーを随所に見せる。
力で押し込まれても、豊富な運動量で根気よく拾い続け、スライスショットやムーンボールでパワーをかわしながら、ドロップショットで相手の体勢を崩し、フラットなスピードボールでコーナーやライン際
にボールを散らしていく。日本選手にお手本にして欲しい頭脳派プレーヤーである。

【プロフィール】
国籍:ポーランド
1989年3月6日生(20才)
身長/体重:172cm/56kg
プロデビュー:2005年(16才)
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス44勝23敗(勝率66%)
ダブルス14勝10敗(勝率58%)
タイトルシングルス0準優勝1回(北京)
ダブルス0
GS戦績全豪オープン1回戦
全仏オープンベスト16
ウィンブルドンベスト8
全米オープン2回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
2008・ベスト8、2009・ベスト4




クルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm)世界ランキング62位 (2010年2月1日付)

東レ パン・パシフィック・テニスの長い歴史の中で、唯一の日本人チャンピオン、クルム伊達公子。
今年は開幕戦から好調を維持。「ASBクラシック」で世界ランキング19位のV.ラザノを破りベスト8。
続く「シドニー国際」でも、世界ランク20位のN.ペトロワを下したが、世界7位のV.アザレンカに惜敗。
東レPPOテニスの2008年大会に予選から出場し、本戦出場決定戦で惜しくも本戦出場を逃したが、2009年大会では主催者推薦で13年ぶりに本戦出場。今年、2年連続で本戦出場を果たすクルム伊達。
スピードとテクニックでパワーテニスに対抗するDATEのテニスに世界中が注目!

【プロフィール】
1970年9月28日生(39才)身長/体重:163cm/53kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

【2009年の戦績】
シングルス33勝18敗
ダブルス14勝10敗

優勝ソニー・エリクソンWTAツアー シングルス 1回 (韓国)
ITF女子サーキット シングルス 2回 (スペイン、豊田)

グランドスラム全豪オープン 1回戦ウィンブルドン1回戦
全仏オープン予選1回戦全米オープン予選2回戦

2010年の戦績ASBクラシック ベスト8
シドニー国際 2回戦
全豪オープン 1回戦

【東レPPOテニスでの戦績】
優勝1995年
ベスト41992年
2回戦1991年、1996年
1回戦1990年、1993年
1994年、2009年
予選3回戦2008年
予選1回戦1989年




マリア・シャラポワ (Maria Sharapova)

生年月日:1987年4月19日(23才)世界ランキング14位 (2010年4月19日付)
国籍:ロシア
身長/体重:188cm/59kg
プレースタイル:右利き、バックハンドは両手打ち
世界ランキング自己最高位:シングルス1位 (2005年8月22日付)

美貌と才能を兼ね備えた“トップスター”マリア・シャラポワ。その知名度と存在感はアスリートとしての枠を越え、世界中で抜群の人気を誇る。188cmの長身を生かした高さとスピードのあるフォアハンドは、すべて全力でハードヒット。追い込まれた展開であっても、重く深いボールを思い切り良くライン際へと打ち込みエースを狙う、真のファイターである。
試合中の集中力の高さと、決して試合をあきらめない、テニスへの熱い情熱がシャラポワらしさであり、常に全力で勝ちに行く、そのメンタルこそが世界No.1へと彼女を押し上げた原動力でもある。

昨年前半は肩の治療のため休養を余儀なくされていたが、4月から段階的にツアーに復帰し、瞬く間に世界のトップへと駆け戻ってきた。「東レPPOテニス 2009」ではノーシードながら6試合を見事勝ち抜き、
2005年以来となる本大会2度目のタイトルを手にして、その復活を世界中に印象付けた。

◆ソニー・エリクソンWTAツアータイトル
:シングルス21勝

◆通算成績:342勝81敗

【グランドスラム大会戦績】
全豪オープン:優勝(2008年) 、準優勝(2007年)、ベスト4(2006年、2005年)
全仏オープン:ベスト4(2007年)、ベスト8(2009年、2005年、2004年)
ウィンブルドン:優勝(2004年) 、ベスト4(2006年、2005年)
全米オープン:優勝(2006年)、ベスト4(2005年)

【2009年の主な戦績】
優勝:東レPPOテニス
準優勝:ロジャース・カップ
ベスト4:AEGONクラシック、ロサンゼルス女子テニス選手権
ベスト8:ワルシャワオープン、全仏オープン、バンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシック

【2010年の主な戦績】
優勝:リジョンズ・モーガン・キーガン選手権

【東レPPOテニスの戦績】
優勝:2009年、2005年
ベスト4:2007年、2006年
2回戦:2004年


◆マリア・シャラポワ選手からのメッセージ◆

昨年の東レPPOテニスでは皆さんから温かく迎えていただき、そしてまた優勝できたことは、
とてもハッピーでした。また東京に行くことを今から楽しみに しています。
もちろん、優勝を目指して全力をつくします。ガンバリマス!

“ I was very happy that I could receive your warm welcome, and
could take the Toray PPO Tennis's title last year.
I am looking forward to going to Tokyo again. I'll do my best for another title.
GAMBARIMASU!”.

Maria Sharapova







石津 幸恵(いしず さちえ)

WTAランキング:309位(2010年7月19日付)
ジュニアランキング:5位(2010年7月19日付)

・生年月日:1992年9月3日生まれ(17才)
・所属:土浦日大高校3年
・身長:164cm
・プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

・2010年の主な戦績 

<ITFサーキット>
2010年
【優勝】
小諸 (10,000ドル)
三重 (10,000ドル)
甲府 (10,000ドル)

【ベスト4】
久留米(50,000ドル)

【1回戦】
福岡 (50,000ドル)
岐阜 (50,000ドル)

<ジュニア>
2010年
【優勝】
ジャパン・オープン・ジュニア
カサブランカ・ジュニア・カップ

【準優勝】
ウィンブルドン・ジュニア
Loy Yang Traralqon 国際





チケット申込

コメント

税理士の後ろ盾をもらいましたので、ガンガン前に進んでいきますよ coach factory outlet http://www.coachfactoryoutletonlineea.com
(2012-04-09 10:53)
逆に大手税理士事務所には既存顧問先のブランドスイッチ(顧問社労士を当事務所にチェンジ)を促してもらいます。2社、ご紹介頂きました。 coach outlet http://www.coachoutletea.com
(2012-04-09 11:13)
金なし、コネなし、実務経験なし、家族の協力なし、事務所なし等、なしなしづくしで開業して、広告費に換算すると2000万円以上!のマスコミ掲載実績を叩き出したのには、シンプルな作戦があった? louis vuitton uk http://www.louisvuittonoutletuks.co.uk
(2012-04-09 11:19)
ワンストップで顧客のサービスに取り組むことになります coach outlet online http://www.coachoutletonlineen.com
(2012-04-09 11:31)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/149530482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。