【大相撲 コラムVOL.3】相撲観戦の合間に!相撲が跳ねたら![相撲]


© KTplanning


大相撲 コラムVOL.3

相撲観戦の合間に
 実は国技館は再入場が一度だけ許されている。南門で再入場を伝えれば手にスタンプを押してもらって再入場することができるのだ。朝からの相撲観戦にちょっと疲れて中抜けしたいなと思ったら一度両国の町をぶらっとしてみるのもいいかもしれない。ちょっと歩けば回向院がある。その昔、ここの境内で勧進相撲が行われたことが今の大相撲の起源。そんな歴史に触れながら奥にある「ねずみ小僧の墓」を見学するのもいい。義賊として有名なねずみ小僧は大名屋敷より千両箱を盗んでは貧しい人に分け与えていたという。するっと入れるということで墓石を削り入試のお守りにする受験生も多数。博打にもご利益があるとか。


© KTplanning


相撲が跳ねたら
 結びの一番で大興奮したあとに国技館を出ると日も暮れていて櫓からは太鼓の音。この太鼓は「跳ね太鼓」といい人々が散る様子を表現したもので「てんでんばらばら」と聞こえるように呼び出しさんが打っているとか。だけどまだまだ興奮冷めやらぬ。このまま帰るにゃ惜しいじゃないか。せっかくの両国なんだしどこかに寄り道して帰ろう!幸い両国にはちゃんこ屋さんがたくさんある。それも往年の名力士の名を冠したお店ばかり。駅前のちゃんこ霧島をはじめ、ちゃんこ寺尾に巴潟、照国に大内、旧宮城野部屋を改装してできた吉葉など、枚挙に暇が無い。この中からお気に入りの味を探すのも楽しいけれど「国技館で250円のちゃんこ食べちゃったし続けてちゃんこはなぁ」なんて人もいるかも知れない。それじゃあこんなお店はどうだろう?「ジンギスカンゆきだるま 両国部屋」ちゃんこではないがこれもオーナーは元関取の若孜だ。ここでは国内羊肉輸入量のうちたった1%という生のアイスランド産羊肉を使ったジンギスカンが食べられる。これがまた臭みも無く柔らかくて美味しい!今までのジンギスカンの概念が変わっちゃいますよ。その他にも羊繋がりではモンゴル料理「ウランバートル」もある。なかなか食べることのできないモンゴル料理。少しくせのある味がくせになるかも。このお店実はモンゴル人力士元小結白馬の母親が経営している。
 いよいよ9月場所も迫ってきました。皆さんチケットの手配はもう済みましたか?今まで相撲を観たことがないあなたも是非一度両国まできてください。新しい日本が発見できますよ!

(ライティング:野村たけし)


開催情報

平成二十五年 大相撲 九月場所

開催日:9/15(日)〜9/29(日)
会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら
2013-09-02 14:42 この記事だけ表示