【ナイトロ・サーカス ライブ supported by NISSAN X-TRAIL】日本人ライダーとしてこのショーに出演する東野貴行にショーの魅力などを訊いてみた[モータースポーツ]

 2月28日、3月1日に京セラドーム大阪、3月7日、8日に東京ドームで開催される「ナイトロ・サーカス ライブ」は、FMX(フリースタイル・モトクロス)の革命児として世界的に有名なライダー、トラヴィス・パストラーナが主宰するエクストリーム・スタント・ショー。2009年に米MTVで放映されたリアリティー番組「Nitro Curcus」(監督は「ジャッカス」のジョニー・ノックスヴィル)を発端に、2010年からは「Nitro Curcus Live」としてワールド・ツアーをスタート。これまでに17か国63都市、150万人以上のオーディエンスを熱狂させてきたこのライヴ・ショーが、ついに日本初上陸ということで、今回、日本人ライダーとしてこのショーに出演する東野貴行にショーの魅力などを訊いてみた。“TAKA”の呼び名で知られている彼は、2007年からアメリカを拠点とし、これまでに「X-Games」のゴールド・メダルを3度獲得、2013年に日本(大阪)で初開催された「X-Fighters」では日本人として初の優勝を飾るなど、輝かしい戦績を残しているFMXライダーだ。

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)


東野貴行にショーの魅力などを訊いてみた

──さっそくですが「ナイトロ・サーカス ライブ」の見どころを聞かせてください。
「出演するライダーは、アタマのぶっ飛んだライダーばかりだし(笑)、最初から最後までがクライマックスのショーなので、冷や汗かきながら楽しめると思いますよ。あと、ショーということで各ライダーがいつも以上に危ない技(トリック)を見せたりするんですけど、やっぱりチャレンジする前っていうのはすごく緊張するんですよね。危ない技(トリック)にチャレンジする時は走る前にひと呼吸置いてやるので、それを見守るじゃないですけど、ライダーの気持ちになって観てみると、着地が成功した時の喜びも2倍になると思います。

──TAKAさんご自身の意気込みはいかがですか?
「一流のアスリートがやるショーなので、安心して観ていられるのが半分、だけど危なっかしいことの連続なので、最後までハラハラしながら観てもらえるんじゃないかと思うんですね。僕も、“これは危ないかな?”って自分でも思っているトリックが2つあるんで、それを必ずお見せしますよ!」


──「X-Games」などの競技大会とはまた違う醍醐味があると言えますかね?
「競技の時はずっと緊張しっぱなしで、ちょっとのミスもできないし、調子悪くても120%の力を出さないとあかんっていうプレッシャーもある。ただ、ショーの場合は、みんなで騒いで楽しんで、お客さんと一体になりたいっていうのが一番。お客さんが騒いでくれるほどライダーもテンションが上がるので、乗せられていつも以上のパフォーマンスができたりするんです。なので、みなさんとにかく騒いでください(笑)」


──TAKAさん個人としては、2013年、2014年の「X-Fighters」に続いて3度目の凱旋になるわけですけど。
「迎えてもらえる場があるのはすごくありがたいですね。X-Fightersの時はやっぱり(佐藤)英吾くんの力と大会や多くの人のおかげで夢が現実になって。そして今、「ナイトロ・サーカス ライブ」っていうショーまで日本でやれることになったことは僕らライダーにとってはうれしいことですね。とにかく、僕らは日本で次の世代をもっともっと芽吹かせたいし、モトクロスでもフリースタイルでも、大きなイベントや大会を企業やテレビ局がバックアップしてくれるのはずっと夢だったんですよ。90年代までは日本でもスーパークロスが開催されてましたけど、それもどんどん縮小されていきましたしね。僕らライダーはFMXを盛り上げようってことで手作りで土壌を作って来たわけですけど、それがやっと形になりつつあるので、もっと均して、次の世代の若いコたちが夢見て追いかけてくれるようなものにしたいですね」


──“憧れ”って大きな原動力になりますし、シーンの活性化にも繋がりますよね。
「そうですね。僕もちっちゃい時に観に連れてってもらった〈ジャパンスーパークロス〉で、遠い存在だったアメリカン・ライダーを生で観て、それでモトクロスの熱が上がりましたから。でも、僕らがFMXをやり始めた時って映像でしか観ることができなかったし、これは日本ではありえへんって、憧れの対象はずっと海外だったんですよね。それが日本にもレベルの高いものがあるっていうことになればうれしいことだし、違ったやり甲斐も生まれてくる。海外で盛り上がってても日本では誰も知らないって、それは結構テンション下がるので、ちょっとずつでもいいから、FMXとかモータースポーツとかきちんと認識されて、サッカーや野球のようにたくさんメディアで取り扱ってもらえるのが夢ですね」

[取材・文:久保田泰平]
[撮影:坂野則幸]


インタビュー動画


開催概要
ナイトロ・サーカス ライブ supported by NISSAN X-TRAIL

■大阪公演(京セラドーム大阪)
2015年2月28日(土)17:00開演、3月1日(日)14:00開演

■東京公演(東京ドーム)
2015年3月7日(土)17:00開演、3月8日(日)14:00開演

※開場時間は、開演時間の2時間前からです。(予定)
※公演時間は、1公演あたり約2時間30分の公演です。

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)

2014-12-25 17:26 この記事だけ表示