第1戦:ナゴヤドーム

試合概要

日程:2011年7月22日(金) 試合開始18:05(開場予定15:00)
対戦:セントラル・リーグ(1塁側) VS パシフィック・リーグ(3塁側)
場所:ナゴヤドーム
>席割図はコチラ

【先行抽選受付】6月18日(土)10:00〜6月26日(日)18:00
【一般発売】7月9日(土)10:00〜

入場券

席種 料金
S指定席 8,500
A指定席 7,500
B指定席(5階席) 5,500
外野応援A 3,500
外野応援B(5階席) 3,000
車いす席 5,000
プライム・ツイン内野(2名1組) 18,000
プライム・ツイン外野(2名1組) 12,000
プライム・ボックス(4名1組) 22,000
レストランシート・カウンター席(2名1組) 15,000
レストランシート・テーブル席(4名1組) 30,000

※料金は全て税込み
※4歳以上から入場券が必要。4歳未満でも座席を確保する場合は入場券が必要。
※雨天などの不測の事態で表記の試合が開催されなかった場合は中止となり、7月25日〜8月7日までご購入の店舗で払い戻しをいたします。(中止による順延はありません。)
※B指定席をご購入の方には、座席番号による抽選で3試合合計70名の方に、練習中に出場者が着用したプラクティス・ユニフォームをプレゼントいたします。
※6回裏終了時に、球場内ビジョンにて当選座席番号を発表いたします。当選者の方は、1ゲート横特設ブースにて当選受付を行なってください。(試合終了後30分まで)
※ただし、プレゼントするプラクティス・ユニフォームはマツダオールスターゲーム2011の練習用オリジナルユニフォームで、公式戦で着用しているものとは異なります。
※プライム、レストランシートは飲食付き。

>チケットのお申込みはこちら


第2戦:QVCマリンフィールド

試合概要

日程:2011年7月23日(土) 試合開始14:00(開場予定11:00)
対戦:パシフィック・リーグ(1塁側) VS セントラル・リーグ(3塁側)
場所:QVCマリンフィールド
>席割図はコチラ

【先行抽選受付】6月18日(土)10:00〜6月26日(日)18:00
【一般発売】7月9日(土)10:00〜

入場券

席種 料金
内野指定席S 8,500
フィールドウイング・シート 8,000
ピクニックボックス(5名1組) 37,500
内野指定席A(1階席) 7,000
内野指定席A(2階席) 7,000
BAR・M 7,500
内野指定席B 5,500
外野指定席 3,500
スタンドデッキ(4名1組) 14,000
ピクニックボックス・ライト(6名1組) 42,000
ピクニックボックス・レフト(6名1組) 42,000
車いす席 5,000

※料金は全て税込み
※4歳以上から入場券が必要。4歳未満でも座席を確保する場合は入場券が必要。
※雨天などの不測の事態で表記の試合が開催されなかった場合は中止となり、7月25日〜8月7日までご購入の店舗で払い戻しをいたします。(中止による順延はありません。)
※内野指定席Bをご購入の方には、座席番号による抽選で3試合合計70名の方に、練習中に出場者が着用したプラクティスユニフォームをプレゼントいたします。
※6回裏終了時に、球場内ビジョンにて当選座席番号を発表いたします。当選者の方は、マリーンズカスタマーセンターにて当選受付を行なってください。(試合終了後30分まで)
※ただし、プレゼントするプラクティス・ユニフォームはマツダオールスターゲーム2011の練習用オリジナルユニフォームで、公式戦で着用しているものとは異なります。
※BAR・Mはワンドリンク+ポップコーン付です。
※ピクニックボックス・ライト、ピクニックボックス・レフトは、e+(イープラス)のみでの販売。
※車いす席は、7月11日(月)から、マリーンズインフォメーションセンターにて電話抽選受付を行ないます。

>チケットのお申込みはこちら


第3戦:日本製紙クリネックススタジアム宮城

試合概要

日程:2011年7月24日(日) 試合開始12:30(開場予定9:30)
対戦:パシフィック・リーグ(3塁側) VS セントラル・リーグ(1塁側)
場所:日本製紙クリネックススタジアム宮城
>席割図はコチラ

【先行抽選受付】6月18日(土)10:00〜6月26日(日)18:00
【一般発売】7月9日(土)10:00〜

入場券

席種 料金
おとな こども
ゴールデンシート 7,200 4,000
イーグルシート 5,800 3,500
バックネット裏ボックスシート5(5名1組) 30,000
バックネット裏ペアシート(2名1組) 13,000
フィールドシート 5,800 3,500
内野指定席A 4,800 2,800
内野指定席B 3,500 2,200
内野指定席3塁上段 3,500 2,200
内野1塁ボックスシート5(5名1組) 25,000
内野1塁側ペアシート(2名1組) 10,000
外野指定席 2,600 1,500
外野自由エリア(レフト) 2,200 1,200
グループシート5(5名1組) 14,000
外野ライトトリプルシート(3名1組) 9,000
外野ライトペアシート(2名1組) 6,000
内野車いす席 5,800
外野車いす席 4,300

※料金は全て税込み
※おとな=高校生以上・こども=4歳以上中学生以下
※4歳以上から入場券が必要。4歳未満でも座席を確保する場合は入場券が必要。
※雨天などの不測の事態で表記の試合が開催されなかった場合は中止となり、7月25日〜8月7日までご購入の店舗で払い戻しをいたします。(中止による順延はありません。)
※内野指定席Bをご購入の方には、座席番号による抽選で3試合合計70名の方に、練習中に出場者が着用したプラクティス・ユニフォームをプレゼントいたします。
※6回裏終了時に、球場内ビジョンにて当選座席番号を発表いたします。当選者の方は、正面チケット窓口15番・16番にて当選受付を行なってください。(試合終了後30分まで)
※ただし、プレゼントするプラクティス・ユニフォームはマツダオールスターゲーム2011の練習用オリジナルユニフォームで、公式戦で着用しているものとは異なります。
※車いす席は、一般発売日より楽天野球団チケットセンターにて電話受付を行ないます。

>チケットのお申込みはこちら

2011-06-08 17:44 この記事だけ表示

5/23(月)巨人×オリックス@東京ドームにてイープラスナイター開催!

※お客様のお写真はクリックすると新しいウインドウで大きい画像で表示されます。


5/23(月)巨人×オリックス戦にて、恒例のイープラスナイターが開催されました。
この試合のチケット購入者限定で、人気イベント「選手と守ろう〜オン・ユア・マークス〜」に小学生限定でご招待させていただき!試合前練習見学ツアーに30名様をご招待させていただきました。

では、早速試合前練習見学ツアーの模様をご紹介します。
この日アテンドをしてくれたのは、チームヴィーナスのこのお二人!


グランドへ到着すると鮮やかな人工芝が広がります。
全員揃ったところで記念撮影。


練習見学ツアーは選手の練習が見学できるのはもちろん、ジャビットやチームヴィーナスとも写真が撮れちゃいます!


この日は投手陣のバッティング練習が行われていました。シーズン中ではあまり打席に立つことの少ない久保選手もバッティング練習。


3塁ベンチ側から練習の様子も見学し、実際に選手が座るベンチで写真撮影。


見学ツアーの最後は参加者全員で今日の勝利を祈って恒例の「オーッ!」


さてこの後は、保護者の方も羨む、子供たちによる「オン・ユア・マークス」です。
緊張してるかな?
オーロラビジョンに自分の名前、映像が映し出されるなんて羨ましい!!!


いよいよ始まります!全員所定のポジションへ!


さあ、いよいよ始球式です!投手を務めたS君。投球フォームも立派でした!


選手からサインボールを貰って、夢のような時間は残念ながら終了です。


お宝片手に記念撮影。大事にしてくださいネ。


チケットのご購入、イベントにご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
この場を借りて、お礼と代えさせていただきます。
今度はこんな企画をやって欲しい!とか、何かご意見等あれば、ブログにコメントをいただければ幸いです。
次回も、イープラスナイター実施の際には、大人も子供も楽しめる素敵な企画を実施出来るよう頑張ります。今後も、お得な情報満載のイープラスサイト、ならびに配信メールを要チェックです!今後とも、e+(イープラス)をよろしくお願いいたします。


<お知らせ>
夏休み特別企画!巨人が人気アニメとコラボ!「NARUTOシート」

読売巨人軍は、7/26(火)からの横浜ベイスターズとの3連戦で、マンガやアニメで大人気の「NARUTO−ナルト−」とのコラボレーション企画を実施!
対象試合には、限定フィギュア付携帯ストラップがついた観戦チケット「NARUTOシート」を販売するなど、様々な展開を繰り広げます!【e+限定発売】

●NARUTOシート 巨人×横浜
7/26(火)〜7/28(木)@東京ドーム(東京都)
http://eplus.jp/ygnaruto/
一般発売:6/11(土)10:00〜


2011-05-27 21:40 この記事だけ表示   |  コメント 9

試合概要

日程:2011年7月21日(木)  18:00試合開始(15:30開場予定)
※予備日:7月22日(金) 13:00試合開始
対戦:ウエスタン・リーグ選抜(1塁側) VS イースタン・リーグ選抜(3塁側)
場所:富山市民球場(アルペンスタジアム)


入場券

席種 前売り料金 当日料金
ネット裏内野指定席(選手サイン会ご招待) 3,500 4,000
ネット裏内野指定席 3,500 4,000
グッズ付 内野指定席 3,500 4,000
ファミリーチケット(内野自由4枚1組) 6,000 8,000
内野自由(おとな) 2,000 2,500
内野自由(こども) 1,000 1,500
外野自由(おとな) 1,000 1,500
外野自由(こども) 500 800
車いす席 3,500 4,000

「グッズ付内野指定席」ご購入の方には、もれなくオリジナルシートクッションをプレゼント。試合当日、球場にてお受取ください。

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2011
グッズ付内野指定席 特典

オリジナルシートクッション

・大きさ w280 × h320 mm
・コンパクトにまとめられるゴムバンド付き。

※料金は全て税込み
※4歳以上から入場券が必要。4歳未満でも座席を確保する場合は入場券が必要
※こども:4歳以上中学生以下
※購入は1購入1席種6枚まで
※試合当日、出場選手から直接サインをもらえる「選手サイン会(限定840名)」を実施いたします。
参加ご希望の方は、必ず「ネット裏指定席(選手サイン会ご招待)」をご購入の上、試合当日、球場にて参加受付を行なってください。
選手サイン会の詳細は日本野球機構オフィシャルサイト(http://www.npb.or.jp/)でご確認ください。 ※「グッズ付内野指定席」ご購入の方には、もれなくオリジナルシートクッションをプレゼント。試合当日、球場にてお受取ください。
※車いす席は一般発売日より富山市民球場で販売.
※車いす席は、グラウンドレベル室内からの観戦となります
※雨天などの不測の事態で試合が中止の場合には予備日に順延となり、入場券は繰り下げて有効。予備日を含め試合が開催されなった場合には払い戻しをいたします
※日程変更による払い戻しはいたしません
※いずれの席種も予定枚数に達し次第、販売終了となります


発売方法

【e+(イープラス)独占先行発売】
5月21日(土)10:00〜5月27日(金)18:00(先着順)

【一般発売】
5月29日(日)10:00〜

>チケットのお申込みはこちら

2011-05-19 18:50 この記事だけ表示

毎年恒例のイープラスナイターですが、2011年5月23日(月)対オリックス(東京ドーム)での開催が決定いたしました!実施される企画内容も決定いたしました。皆様のご応募、お待ちしております。
※特別企画の日程および企画内容等は、諸事情により、事前の予告なく変更となる場合もございます。予めご了承ください。


過去のイープラスナイターの模様

■2008年8月24日(日) 対中日ドラゴンズ >詳細を見る

■2009年5月24日(日) 対オリックス・バファローズ >詳細を見る

■2009年7月28日(火) 対中日ドラゴンズ >詳細を見る

■2010年8月24日(火) 対中日ドラゴンズ >詳細を見る


特別企画【1】 オン・ユア・マークス参加者募集(9名様)

●応募資格:
・e+サイトで、プレオーダーおよび一般発売にて5/23(月)のチケットを購入された方を対象に参加者を募集いたします。(下記注意事項をご確認の上、ご応募下さい。)
※4/24(日)までにチケット代の入金をお済ませの方に限ります。
※購入された席種は問いません。
※購入者の方を対象に、メールにて応募フォームのURLをご案内差し上げます(4/26(火)頃配信予定)
※応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※ご応募の際には、チケットをお買い求めいただいた際のe+お客様番号の入力が必要です。

>対象試合のチケットお申込みはコチラ

●参加条件:
・小学生の男女(中学生以上の方は、ご参加いただけません)
・試合当日16:45までに東京ドームにお集まりいただける方。
※試合当日は、必ず保護者同伴でご来場ください。

●応募受付期間:4/26(火)〜5/5(木・祝)
※当選者の発表は、5/7(土)以降の当選通知(e+(イープラス)にご登録いただいているメールアドレス宛)及び電話番号)のご連絡をもってかえさせていただきます。
※落選の通知連絡は差し上げません。予めご了承ください。
※当選された方には、オン・ユア・マークスの参加通知書を、e+(イープラス)の会員登録住所へ郵送にてお送りいたします。試合当日、必ず、ご持参ください。
※ポジョションは、試合当日、抽選にて、決定させていただきます。


特別企画【2】 試合前練習見学ツアーに30名様をご招待!

●応募資格:
・e+サイトで、プレオーダーおよび一般発売にて5/23(月)のチケットを購入された方を対象に参加者を募集いたします。(下記注意事項をご確認の上、ご応募下さい。)
※4/24(日)までにチケット代の入金をお済ませの方に限ります。
※購入された席種は問いません。
※購入者の方を対象に、メールにて応募フォームのURLをご案内差し上げます(4/26(火)頃配信予定)
※応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※ご応募の際には、チケットをお買い求めいただいた際のe+お客様番号の入力が必要です。

>対象試合のチケットお申込みはコチラ

●参加条件:
・年齢制限等はございませんが、小学生以下のお子様のみの参加はご遠慮ください。
・試合当日14:15に、東京ドームにお集まりいただける方。

●応募受付期間:4/26(火)〜5/5(木・祝)
※当選者の発表は、5/7(土)以降の当選通知(e+(イープラス)にご登録いただいているメールアドレス宛)のご連絡をもってかえさせていただきます。
※落選の通知連絡は差し上げません。予めご了承ください。
※当選された方には、試合前練習見学ツアー参加通知書をe+(イープラス)にご登録の住所宛に、郵送にておりいたします。試合当日、必ず、ご持参ください。

2011-04-13 14:12 この記事だけ表示

日程:2010/11/28(日)  会場:東京ドーム
⇒チケット申込


プロ野球OBオールスターアスリートカップ 出場メンバー

【監督】
柴田 勲(巨人)
巨人V9を支えた快速1番打者は、日本人初のスイッチヒッター。
山田久志(阪急)
史上唯一の12年連続開幕投手、3年連続MVPのMr.サブマリン。


【コーチ】
大熊忠義(阪急)
阪急黄金時代を支えた史上最高の2番打者。ゴールデングラブ賞受賞の名手でもある。
大矢明彦(ヤクルト)
78年ヤクルト初優勝に貢献した頭脳派捕手。球界一と言われた強肩で、ゴールデングラブ賞を獲得。
尾崎行雄(日ハム)
いかなるピンチも自慢のストレートで勝負! VTR解析で159km/hと判明!!
黒江透修(巨人)
V9巨人内野の要・愛称「豆タンク」!シュアな打撃と足の速さも魅力の遊撃手。
徳武定祐(中日)
入団から6年間821試合連続出場記録保持者。対巨人に滅法強い巨人キラー。
得津高宏(ロッテ)
生涯打席3,222打席のうち188三振という脅威の非三振率、まさにミートの天才!
福本 豊(阪急)
年間盗塁106個の世界記録を樹立した「世界の盗塁王」。「史上最強の1番打者」との呼び声も!
村上雅則(サンフランシスコ・ジャイアンツ)
カーブ、スクリューボールを駆使した技巧派左腕は、日本人メジャーリーガー第1号「マッシー村上」。
若松 勉(ヤクルト)
首位打者2回獲得した小さな大打者。通算打率.319は歴代2位の「安打製造機」。
若生智男(阪神)
21年間投手としてプレーし、3チームから日本シリーズに出場した初めての選手。
和田 徹(阪神)
捕手・一塁手をこなす大型野手。長打が魅力で愛称は「ぶーちゃん」


【投手】
阿波野秀幸(横浜)
新人王、最多勝、最多奪三振、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した近鉄のエース。
池田親興(阪神)
先発・抑えと大活躍で85年阪神日本一の原動力。
石毛博史(阪神)
長身から投げ下ろす豪速球で、2年連続で最優秀救援投手を獲得。
ガンちゃん(岩本 勉)(日ハム)
2年連続開幕戦完封勝利のパ・リーグ記録。「まいど!」で知られるムードメーカー。
遠藤一彦(大洋)
伝家の宝刀「高速フォークボール」を操る沢村賞投手。
大川 章(ヤクルト)
入団4年目の84年に年間最多となる65登板を果たした、貴重な中継ぎ左腕。
川口和久(巨人)
球威のある速球と落差の大きいカーブを武器に最多奪三振のタイトルを3度獲得。
河野博文(日ハム)
88年パ最優秀防御率(2.38)を獲得したサウスポー。愛称は「ゲンちゃん」。
斉藤明夫(横浜)
100勝100セーブの鉄腕投手“ヒゲ魔人”。最優秀救援投手を2度獲得。
佐野慈紀(近鉄)
日本球界で中継ぎ投手として初の1億円選手。必殺テカテカ投法が見られるか!?
中田良弘(阪神)
85年には開幕9連勝で21年ぶりの阪神優勝に貢献。先発・中継ぎ・抑えとどこでもこなす!
西崎幸広(日ハム)
ノーヒットノーランも達成した日ハムの“イケメン”エース。
野田浩司(阪神)
1試合19奪三振の日本新記録を持つ、快速サイドスロー。93年には17勝で最多勝獲得。
野中徹博(中日)
ドラ1指名でプロ入り後は右肩故障に泣かされるも、中京高時は甲子園を沸かせた本格派。
橋本 清(巨人)
長嶋巨人時代は、抑えの石毛と共に勝利の方程式を担ったセットアッパー。
前田幸長(巨人)
キレ味鋭い変化球が武器のタフネス左腕。現役時代と変わらないナックルは必見!
増本 宏(横浜)
軟式野球からプロ入りした異色のピッチャー。逆風を力にする男!
松沼博久(西武)
16勝で新人王を獲得し、西武黄金時代を築いたアンダースローの“アニヤン”。
村田辰美(近鉄)
先発・中継ぎ・抑えをこなす、貴重な左の変則スリークォーター。
村田兆治(ロッテ)
マサカリ投法を駆使した球界の鉄人。「分かっていても打てない」と言われたフォークは圧巻。
山崎慎太郎(オリックス)
3度の2桁勝利を挙げた近鉄のエース。打者のタイミングを巧みにかわす技巧派!
与田 剛(中日)
プロ最速(当時)の157km/hを計測した剛球投手。新人王、最優秀救援投手を獲得した抑えのエース。


【捕手】
有田修三(近鉄)
強肩強打で強気のリード。肩の強さは福本豊も一目置く。
市川和正(横浜)
究極の見逃し「忍者打法」やトリックプレーで人気を博した熱き捕手。
伊東 勤(西武)
抜群のセンスと的確なリードで西武黄金時代を支えた天才キャッチャー!
大宮龍男(日ハム)
81年の日本ハム・リーグ優勝の立役者。江夏豊との師弟対決は見物!
杉山直樹(巨人)
パンチ力と大胆なリードを武器に90年代の巨人を支えた捕手。
達川光男(広島)
広島投手王国を長きにわたりリードしてきた人気者。「ささやき戦術」は有名だ。
吉永幸一郎(ダイエー)
ベストナインも受賞した豪砲捕手は、99年チームの初優勝、日本一に貢献。
若菜嘉晴(阪神)
座り位置からの強肩送球、ノーサインに近いプレー、そして「くせ者」としても球界を湧かせた“観せる”捕手!


【内野手】
石毛宏典(西武)
新人王・MVPなど数々のタイトルを受賞した、西武黄金期の不動の1番打者。
宇野 勝(中日)
強肩・強打の大型遊撃手。84年には41本で本塁打王を獲得。
川又米利(中日)
中日の元祖代打の切り札は、華麗なバッティングフォームで人気!
駒田徳広(巨人)
鮮やかなバットコントロールで、満塁本塁打を量産した元祖・満塁男!
佐藤 洋(巨人)
ドラフト4位で巨人入団した俊足強肩の外野手。投手以外の全ポジションを経験。
鈴木 健(ヤクルト)
高校通算83本塁打は当時最多記録。97、98年チームの優勝に貢献した左の強打者。
高代延博(日ハム)
ゴールデングラブ賞、ベストナインにも選ばれた名ショート。鉄壁の守備でチームを鼓舞する熱血漢。
高橋雅裕(横浜)
88年から89年にかけて当時の連続守備機会無失策記録を樹立した名ショート。
立浪和義(中日)
惜しまれつつも引退したMr.ドラゴンズ。二塁打の日本記録487本を記録。
笘篠賢治(ヤクルト)
88年のセ・リーグ新人王は、俊足好打で内野ならどこでも守れるオールラウンダー。
福井敬治(巨人)
右の代打の切り札。井川慶に滅法強く「井川キラー」の異名を持つ。
藤本博史(ダイエー)
高く足をあげるバッティングフォームから繰り出される豪快な打撃。サイクルヒットも達成。
松永浩美(阪急)
3割7回、サイクルヒット2回、盗塁王、ゴールデングラブ賞など、走攻守が高次元で揃ったスイッチヒッター!
村岡耕一(西武)
状況判断に優れたバイプレーヤー。堅守でチームを牽引する職人。
村上眞一(オリックス)
代打での初打席から2打席連続本塁打の世界記録でデビューした名プレーヤー。
村上隆行(近鉄)
86、92年の2年連続20本塁打を記録。強肩強打のいてまえ戦士。
元木大介(巨人)
チャンスに強い打撃、隠し球、併殺崩しなどの狡猾なプレースタイルは「くせ者」の真骨頂。
本西厚博(阪急)
ゴールデングラブ賞受賞の名手は、内外野もこなせるユーティリティープレーヤー!


【外野手】
石井雅博(巨人)
現役時代はケガに泣かされたが、強肩で守備範囲が広いジャイアンツ戦士。
大塚光二(西武)
日本シリーズにめっぽう強く、通算打率は歴代1位。98年は6打数連続安打のシリーズ新記録(当時)を樹立。
小関竜也(西武)
走攻守三拍子揃った外野手。高校時は渡辺俊介を抑えてエースで4番を務めた。
カズ山本(ダイエー)
現役最終打席をホームランで飾った記憶に残る名選手は“バントをしない”2番打者。
亀山 努(阪神)
一塁への果敢なヘッドスライディングで観客を沸かせた、90年代の阪神を象徴するスター。
川藤幸三(阪神)
「浪速の春団治」の異名でその名を轟かせた代打の鬼は、チャンスで頼りになる熱い男!
後藤孝志(巨人)
内外野どこでも守れる貴重な選手、ガッツ溢れる勝負強い打撃は「9回の男」の異名を持つ。
佐々木誠(ダイエー)
首位打者、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞受賞の、走攻守揃った3番打者。
高橋 智(オリックス)
ベストナインも獲得した長距離砲。日本人離れしたその容姿で愛称「デカ」。
長嶋清幸(阪神)
84年日本シリーズMVP男は、NPB史上初の背番号「0」選手。
平野 謙(西武)
盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得した俊足・強肩のスイッチヒッター。
松本匡史(巨人)
長嶋巨人を支えた不動の1番打者は、盗塁王2度獲得の「青い稲妻」。
屋鋪 要(巨人)
ゴールデングラブ賞5回、盗塁王3回。守備と走塁には絶対の自信を持つ「スーパーカートリオ」のキーマン。
竜太郎(楽天)
シュアーさと器用さを兼ね備えた打撃が魅力。持ち前の闘志あふれるプレーにも期待!

※出場選手は変更する場合があります。

⇒チケット申込

2010-10-29 14:30 この記事だけ表示