指定席・指定駐車券・ピットウォークパスなどの発売日程が決定!またメインスタンド2階指定席、第一コーナー指定席では、座席選択が可能で、中学生以下の券種もあります。
 春の富士ラウンドは、ファミリーが非常に多く観戦するイベント。是非、この機会に会場で観戦しよう!

■開催日

予選:2015年5月2日(土)
決勝:2015年5月3日(日・祝)

■一般発売
3月5日(木)10:00〜

■座席券
【1】メインスタンド2階指定席
【2】第1コーナー指定席

■駐車券

【A】第1コーナー指定駐車券
【B】ドリフトコース指定駐車券
【C】ジムカーナコース指定駐車券

【D】P11指定駐車券
【E】キャンピングカー指定駐車券

★1 総合案内所向かいテント(パドックパス引換所)
★2 メインスタンド裏Bゲート(ピットウォークリストバンド/メインスタンド2Fリストバンド引換所)
★3 第1コーナースタンド入口


チケット一覧

■観戦チケット

券種 価格 概要
»前売観戦券(大人) 5,700円 メインスタンドエリアは指定エリア以外ご自由にご観覧いただけます。
»前売観戦券ペア券(大人) 10,300円 本券1枚で2名様入場可能です。
ただし、2名様同時にご入場下さい。

»パドックパス引換券(大人) 16,000円 ピットガレージ後方のパドックエリアに入場できるパスです。
※ご入場後メインスタンド裏総合案内所向かいテントにてパドックパスにお引換え下さい。
※観戦料込み。※ピットウォーク参加可。
※中学生以下のバドックエリア入場は、会場で当日パドックパス(小人)をお買い求め下さい。

※中学生以下無料。但し大人の同伴が必要です。
※チケットは予選・決勝2日間有効です。

■イベントチケット

»ピットウォークパス引換券 (予選)
1,600円
(決勝)
2,100円
レースファンにはおなじみのピットウォークを楽しめるパス。
ご入場後、メインスタンド裏Bゲート斜め向かいにてリストバンドにお引換え下さい。

※中学生以下無料。但し大人の同伴が必要です。
※場内へのご入場は別途観戦券が必要です。
※チケットはそれぞれ予選日、決勝日のみ有効です。

■指定席券

券種 価格 概要
【1】メインスタンド2階指定席
(引換券)
 ※座席選択可能
(大人)
2,100円
(小人)
1,100円
場内最頂点であり、見晴らしは抜群のメインスタンド2階席指定券。
ご入場後、メインスタンド裏Bゲートにてリストバンドにお引換え下さい。
【2】第1コーナー指定席(引換券)
※座席選択可能
(大人)
3,000円
(小人)
2,000円
FSWの名物、第1コーナースタンドの指定席券。
※ご入場後、第1コーナースタンド入口にてリストバンドにお引換え下さい。

※場内へのご入場は別途観戦券が必要です。
※チケットは5月3日(日)決勝日のみ有効です。
※大人=高校生以上、小人=3歳以上中学生以下

■指定駐車券

券種 価格 概要
【A】第1コーナー指定駐車券 5,200円 普通サイズ(5000×2500)以下
【B】ドリフトコース指定駐車券
【C】ジムカーナコース指定駐車券
【D】P11指定駐車券
【E】キャンピングカー指定駐車券 6,200円 駐車エリアはドリフトコース上段です。
普通サイズ(5000×2500)より大きい車両(バス除く)

※チケットは予選・決勝2日間有効です。
※指定駐車券のみ、お1人様2枚までとなります。


入場可能エリア

券種 前売観戦券 前売観戦券
ペア券
パドックパス
引換券
ピットウォーク
パス引換券
メインスタンド
2階指定席
第1コーナー
指定席
レース場入場      
メインスタンド自由席
芝生エリア
     
レストラン「ORIZURU」      
パドックエリア          
ピットビルA・B屋上          
ピットウォーク        
メインスタンド2階指定席          
第1コーナー指定席          
2015-03-03 18:15 この記事だけ表示

 2月28日、3月1日に京セラドーム大阪、3月7日、8日に東京ドームで開催される「ナイトロ・サーカス ライブ」は、FMX(フリースタイル・モトクロス)の革命児として世界的に有名なライダー、トラヴィス・パストラーナが主宰するエクストリーム・スタント・ショー。2009年に米MTVで放映されたリアリティー番組「Nitro Curcus」(監督は「ジャッカス」のジョニー・ノックスヴィル)を発端に、2010年からは「Nitro Curcus Live」としてワールド・ツアーをスタート。これまでに17か国63都市、150万人以上のオーディエンスを熱狂させてきたこのライヴ・ショーが、ついに日本初上陸ということで、今回、日本人ライダーとしてこのショーに出演する東野貴行にショーの魅力などを訊いてみた。“TAKA”の呼び名で知られている彼は、2007年からアメリカを拠点とし、これまでに「X-Games」のゴールド・メダルを3度獲得、2013年に日本(大阪)で初開催された「X-Fighters」では日本人として初の優勝を飾るなど、輝かしい戦績を残しているFMXライダーだ。

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)


東野貴行にショーの魅力などを訊いてみた

──さっそくですが「ナイトロ・サーカス ライブ」の見どころを聞かせてください。
「出演するライダーは、アタマのぶっ飛んだライダーばかりだし(笑)、最初から最後までがクライマックスのショーなので、冷や汗かきながら楽しめると思いますよ。あと、ショーということで各ライダーがいつも以上に危ない技(トリック)を見せたりするんですけど、やっぱりチャレンジする前っていうのはすごく緊張するんですよね。危ない技(トリック)にチャレンジする時は走る前にひと呼吸置いてやるので、それを見守るじゃないですけど、ライダーの気持ちになって観てみると、着地が成功した時の喜びも2倍になると思います。

──TAKAさんご自身の意気込みはいかがですか?
「一流のアスリートがやるショーなので、安心して観ていられるのが半分、だけど危なっかしいことの連続なので、最後までハラハラしながら観てもらえるんじゃないかと思うんですね。僕も、“これは危ないかな?”って自分でも思っているトリックが2つあるんで、それを必ずお見せしますよ!」


──「X-Games」などの競技大会とはまた違う醍醐味があると言えますかね?
「競技の時はずっと緊張しっぱなしで、ちょっとのミスもできないし、調子悪くても120%の力を出さないとあかんっていうプレッシャーもある。ただ、ショーの場合は、みんなで騒いで楽しんで、お客さんと一体になりたいっていうのが一番。お客さんが騒いでくれるほどライダーもテンションが上がるので、乗せられていつも以上のパフォーマンスができたりするんです。なので、みなさんとにかく騒いでください(笑)」


──TAKAさん個人としては、2013年、2014年の「X-Fighters」に続いて3度目の凱旋になるわけですけど。
「迎えてもらえる場があるのはすごくありがたいですね。X-Fightersの時はやっぱり(佐藤)英吾くんの力と大会や多くの人のおかげで夢が現実になって。そして今、「ナイトロ・サーカス ライブ」っていうショーまで日本でやれることになったことは僕らライダーにとってはうれしいことですね。とにかく、僕らは日本で次の世代をもっともっと芽吹かせたいし、モトクロスでもフリースタイルでも、大きなイベントや大会を企業やテレビ局がバックアップしてくれるのはずっと夢だったんですよ。90年代までは日本でもスーパークロスが開催されてましたけど、それもどんどん縮小されていきましたしね。僕らライダーはFMXを盛り上げようってことで手作りで土壌を作って来たわけですけど、それがやっと形になりつつあるので、もっと均して、次の世代の若いコたちが夢見て追いかけてくれるようなものにしたいですね」


──“憧れ”って大きな原動力になりますし、シーンの活性化にも繋がりますよね。
「そうですね。僕もちっちゃい時に観に連れてってもらった〈ジャパンスーパークロス〉で、遠い存在だったアメリカン・ライダーを生で観て、それでモトクロスの熱が上がりましたから。でも、僕らがFMXをやり始めた時って映像でしか観ることができなかったし、これは日本ではありえへんって、憧れの対象はずっと海外だったんですよね。それが日本にもレベルの高いものがあるっていうことになればうれしいことだし、違ったやり甲斐も生まれてくる。海外で盛り上がってても日本では誰も知らないって、それは結構テンション下がるので、ちょっとずつでもいいから、FMXとかモータースポーツとかきちんと認識されて、サッカーや野球のようにたくさんメディアで取り扱ってもらえるのが夢ですね」

[取材・文:久保田泰平]
[撮影:坂野則幸]


インタビュー動画


開催概要
ナイトロ・サーカス ライブ supported by NISSAN X-TRAIL

■大阪公演(京セラドーム大阪)
2015年2月28日(土)17:00開演、3月1日(日)14:00開演

■東京公演(東京ドーム)
2015年3月7日(土)17:00開演、3月8日(日)14:00開演

※開場時間は、開演時間の2時間前からです。(予定)
※公演時間は、1公演あたり約2時間30分の公演です。

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)

2014-12-25 17:26 この記事だけ表示


左から:ワダポリス(MC)、佐藤晴美(E-girls)、Aya(E-girls)、鈴木大助(FMXライダー)、渡辺元樹(FMXライダー)、楓(E-girls)、須田アンナ(E-girls)


スペシャルサポーター発表イベントレポート!

世界が熱狂する今注目のアクション・スポーツ・エンターテイメント「ナイトロ・サーカス ライブ supported by NISSAN X-TRAIL」が2015年2月日本初上陸、大阪公演を2月28日(土)・3月1日(日)京セラドーム大阪、東京公演を3月7日(土)・ 8日(日)東京ドームにて開催いたします。

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)



FMX(フリースタイルモトクロスバイク)で革新を巻き起こし、世界的に有名なプロライダー、トラヴィス・パストラーナが率いるメンバーが集まる「ナイトロ・サーカス」。出演する米国MTVのエクストリーム・スタント・リアリティ番組『ナイトロ・サーカス』は、アメリカで人気を博し、2013年には映画版『ナイトロ・サーカス ザ・ムービー』も公開されるなど、世界的人気を誇っています。そんな彼らのパフォーマンスを生で体感・体験することのできるライブショーが「ナイトロ・サーカス ライブ」なのです!

今、世界的に注目を集めている「ナイトロ・サーカス ライブ」の日本初上陸をさらに盛り上げるスペシャルサポーターに、EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト「E-girls」が決定いたしました。先日、11月24日(月・祝)に、スペシャルサポーター発表イベントを開催し、E-girlsより、Aya(Dream)、楓(Happiness)、須田アンナ(Happiness)、佐藤晴美(Flower)の4名のメンバーが登場!さらに、「ナイトロ・サーカス ライブ」本公演に出演するプロフリースタイルモトクロスライダー鈴木大助選手、 渡辺元樹選手を中心としたライダーたちによるFMXパフォーマンスが披露されました!

バイクに乗ったまま宙返りをしたり、手を放して飛ぶなどのパフォーマンスを目の当たりにしたE-girlsメンバーは、終始驚きと興奮を隠せない様子。パフォーマンス中、悲鳴が止まらなかったという須田アンナは「(選手の)お母さんが心配なさったりしないんですか?!」と鈴木選手・渡辺選手に思わず聞いてしまうほど。楓の「バイクの重さはどのくらいなんですか?」という質問に、両選手は「100kgです」と答えるとさらに興味津々のメンバー。佐藤晴美は、「どれくらいで技を決められるようになりますか?」とたずねると「3〜4歳のときから(FMXを)初めて、それから毎日練習しているので、気づけば飛べるようになっていました」と鈴木選手が答えると「すごい!!」と大絶賛。最後にはスペシャルサポーターとしてE-girlsを代表してAyaは「日本を熱狂の渦に巻き込むこと間違いなし!」と存分に「ナイトロ・サーカス ライブ」をPRしました。


コメントをご紹介

■E-girlsコメント<E-girls>※代表コメント:Aya
FMXのパフォーマンスを見させていただいて、もう大興奮でした!この「ナイトロ・サーカス ライブ」が日本を熱狂の渦に巻き込むこと間違いなし!だと思います!私たちE-girlsもたくさん盛り上げていきたいと思いますので、皆さん会場に足を運んでください!

■鈴木大助<FMXライダー>
「ナイトロ・サーカス ライブ」はフランスでは見たことがあるのですが、出るのは初めて。超一流の選手が集まるイベントなので、自分自身そこで走れるのがすごく楽しみですし、気合も入っていますので是非皆さん見に来てもらいたいですね!

■渡辺元樹<FMXライダー>
実際に「ナイトロ・サーカス ライブ」のメンバーに選ばれたのは奇跡だと思っています。FMXだけでなく、自転車・車椅子・キックボードなども飛ぶのが魅力的だとおもいます。京セラドーム、東京ドームで公演をするのも盛り上がると思います。是非見に来てください!


「ナイトロ・サーカス ライブ supported by NISSAN X-TRAIL」開催概要

■大阪公演/京セラドーム大阪
日時:2015年2月28日(土)17:00開演 / 3月1日(日)14:00開演
会場:京セラドーム大阪
※開場時間は開演時間の2時間前(予定)

■東京公演/東京ドーム
日時:2015年3月7日(土)17:00開演 / 3月8日(日)14:00開演
会場:東京ドーム
※開場時間は開演時間の2時間前(予定)

チケットの詳細はこちら

>特集ページはこちら(PC・スマートフォンのみ)

2014-12-19 13:28 この記事だけ表示

チケットの詳細はこちら



WEC とは?

世界選手権として今年で3年目を迎えるWECは、90 周年を迎える伝統のル・マン24 時間耐久レースを含めて世界8 カ国で開催される、耐久レースの頂点とも言えるレースシリーズです。

■FIA WEC 2014年開催スケジュール (決勝日)
【1】6 Hours of Silverstone (4/20) イギリス
【2】6 Heures of Spa-Francorchamps (5/3) ベルギー
【3】24 Heures le Mans (6/14) フランス
【4】6 Hours of Circuit of the Americas (9/20) アメリカ
【5】6 Hours of Fuji (10/12) 日本
【6】6 Hours of Shanghai (11/2) 中国
【7】6 Hours of Bahrain (11/15) バーレーン
【8】6 Hours of Sao Paulo (11/30) ブラジル

ルマン24時間を含む年間8戦が行われます。
欧州(フランス、ベルギー、イギリス)、アジア(日本、中国)、米国、ブラジル、
日本でも10月12日に富士スピードウェイにて開催


富士6時間耐久レースとは?

 1988年に開催した最後の「WEC in Japan」より24年が経過した2012年、新たに世界選手権となって開始されたWECの日本ラウンドとして、「富士6時間耐久レース」が一昨年10月に開催されました。
 6時間という長丁場を自動車技術の結晶とも言うべき車両で走行する、まさに世界一の「強さ」を証明するかの様なそのレースは、5万人の観客が見守る中、富士スピードウェイが誇る約1.5kmのストレートをル・マンの猛者たちが走り抜けていきました。


開催概要

■開催日

公式練習:10/10(金)
公式予選:10/11(土)
決勝:10/12(日)

■会場
富士スピードウェイ (静岡県)


チケット情報

一般発売 好評発売中!


▼一般券
 前売観戦券(大人):9,300円
 前売観戦券ペア(大人):17,000円
 パドックパス引換券( 大人):20,100円
チケットの詳細はこちら


▼ピットウォークパス引換券
 ピットウォーク予選:1,600円
 ピットウォーク決勝:2,100円
チケットの詳細はこちら


▼駐車券
 第1コーナー駐車券:5,200円
 ドリフトコース駐車券:5,200円
 キャンピングカー駐車:6,200円
チケットの詳細はこちら


▼座席券
 メイン2階指定席(大人):2,100円
 メイン2階指定席(小人):1,100円
 第1コーナー指定席(大人):2,800円
 第1コーナー指定席(小人):1,900円
チケットの詳細はこちら


<注意事項>
※消費税込み。
※中学生以下入場無料。保護者同伴に限る。(チケット記載なし)

2014-08-20 20:21 この記事だけ表示

■大会名
2014 FIM MotoGP TM 世界選手権シリーズ 第15戦 日本グランプリ

■開催日・会場
10/10(金)〜10/12(日)@ツインリンクもてぎ (栃木県)

チケットの詳細はこちら


ロードコース間近に「ビクトリースタンド」を新設

ツインリンクもてぎで15回目を迎えるMotoGP日本グランプリは、2018年までの開催契約を締結しており、今年は、20回目に向けた新たなスタートの年となります。今回、ツインリンクもてぎでは最高峰クラスのロードレースを開催するレーシングコースとしてさらなる進化をするため、その第一歩としてロードコースにより近い場所に「ビクトリースタンド」を設けます。

ビクトリースタンドは、スーパースピードウェイのピットロード上に設置し、ロードコースの最終コーナー〜1コーナーまで、約8400席に及ぶ観戦スタンドです。目の前を走り抜けるマシンの迫力、サウンドを体全体で感じていただけるビクトリースタンドで、日本グランプリをお楽しみください。


※ビクトリースタンド【最終コーナーから】(イメージCG)


※ビクトリースタンド【1コーナーから】(イメージCG)


ビクトリースタンドブロック分け


ホスピタリティガーデン

ビクトリースタンドをご利用のお客様のために、フードコートやレストスペース、そしてバイクにまつわる様々なおもてなしを展開する「ホスピタリティガーデン」が登場。東京・大手町で話題のキッチンカー(移動販売車)による、日本グランプリならではのワールドワイドなメニューをご堪能いただけます。


チケットの詳細はこちら

>その他、モータースポーツのチケット情報はこちら

2014-07-07 10:23 この記事だけ表示